Wi-FiルーターWi-Fiの機器を購入される前に、理解しておきたいことがあります。
それは、無線LANルーター、いわゆるWi-Fiルーターを購入された方なら疑問に思ったことがあると思いますが、無線LANにはIEEE802.11などと英数字がかかれていることがあります。
この後に、aとかアルファベットの小文字が続いています。

無線LANというのは同じ周波数同士で繋がるという鉄則があります。IEEE802.11の後にaという小文字が来れば、周波数は5GHz、bという文字が来れば2.4GHz、gも2.4GHzです。Nという文字が来たら周波数は2.4/5GHzです。同じ周波数同士で繋がるということは、周波数が2.4GHzという数値のbとgは接続できるということです。

このうちnは、2.4も5も持っていますので利用する電波によって切り替えて接続できる、つまり、aともbともgともつながる事が出来高速です。光回線などに関してはnが利用されています。

つまり高速通信できてどの接続も可能な状態のWi-Fiルーターを購入したいという場合、IEEE802.11の後にnの小文字が来る機器を選択すればいいということになります。なんだか難しいのですが、理解できない、覚えたくない、面倒くさいという方は、家電量販店に購入に行けば、高速通信であり接続の範囲が広いn の機器を紹介してくれるでしょう。


▼関連する記事

据え置き型とモバイル
いまさら聞けないルータとハブの違い