据置型ルーターWi-Fiルーター、無線LANルーターを購入しようかなと思っている人は通販サイトなどでモバイルルーターと据え置きルーターという文字を見ることがあるでしょう。
言葉をみれば、持ち歩き出来るものと自宅などで据え置きで利用するものだということがわかります。

インターネットは自宅やオフィス以外、遊びにいったりショッピングに行ったときにも利用したいと思う人が多いです。そこで、最近はホテルやカフェ、コンビニや公共施設などでも公衆無線LAN、フリーWi-Fiスポットなどがあり、無料で自由にWi-Fiを利用できるところが多くなっています。

でもそういう場所がない時、利用できるのがモバイルルーターです。モバイルルーターは、携帯会社の基地局経由でモバイルルーターがアクセスポイントとなってWi-Fiを利用できるというものです。通信データの上限を気にせず利用したい場合にはWiMAXの契約が必要になりますが、この契約を行うことでモバイルルーターを利用して外出先などどこでも携帯電話会社の基地局経由でWi-Fiを利用できるのです。

据え置き型は自宅やオフィスなどで利用されているもので、自宅、オフィスに設置しておけば、室内のどこにいてもWi-Fiを利用できるようになるというものです。有線が無線になり、それが自宅でも利用できるようになり、さらに外出先でもモバイルルーターでWi-Fiが利用できる、非常に便利な世の中になりました。


▼関連サイト

モバイルWIFI比較|モバイルWi-Fi最安リサーチ!
モバイルWIFI各社の性能や料金を比較しています。

▼関連する記事

Wi-FiのIEEE802.11とかaとかってなんだ?
いまさら聞けないルータとハブの違い