いまさら聞けないルータとハブの違い

巷では無線LANルーターだのモバイルルーターだのWi-Fiだのといろいろな言葉が飛び交っていますが、実は無線LANルーターがどのように接続されてどのように利用するのかその機能をわかっていないという人も少なくありません。

ルーターというのは電源タップと同じようなもので、1つの回線を複数に分配するものです。例えばゲームやテレビで電気を利用するとき一つのコンセントから電源を分けたいというときはタップというグッズを利用して、ゲームやテレビなど電源を分けて利用できます。

スマートフォンとタブレットハブは、インターネット通信をしたい時やパソコンやタブレットを複数台利用したい場合に、モデムからルータにつなぎそこから複数台の子機に分けて利用するものです。
つまり、ルーターもハブも電源を分けるようなものと考え、インターネットを子機複数台で利用したい時に使う分配器的なものと考えておくといいでしょう。

ルーターとハブの違いも単純ですが、ちょっと違いがあります。ハブは電源タップと同じような役割、分けるという役割がありますが、ルーターは分けるという役割の中に、IPアドレスという住所のようなものをつけて分けるという役割を持っています。またルーターがあることで、ウイルスなどの攻撃から子機を守るという役割を持っているのです。


▼関連する記事

Wi-FiのIEEE802.11とかaとかってなんだ?
据え置き型とモバイル

据え置き型とモバイル

据置型ルーターWi-Fiルーター、無線LANルーターを購入しようかなと思っている人は通販サイトなどでモバイルルーターと据え置きルーターという文字を見ることがあるでしょう。
言葉をみれば、持ち歩き出来るものと自宅などで据え置きで利用するものだということがわかります。

インターネットは自宅やオフィス以外、遊びにいったりショッピングに行ったときにも利用したいと思う人が多いです。そこで、最近はホテルやカフェ、コンビニや公共施設などでも公衆無線LAN、フリーWi-Fiスポットなどがあり、無料で自由にWi-Fiを利用できるところが多くなっています。

でもそういう場所がない時、利用できるのがモバイルルーターです。モバイルルーターは、携帯会社の基地局経由でモバイルルーターがアクセスポイントとなってWi-Fiを利用できるというものです。通信データの上限を気にせず利用したい場合にはWiMAXの契約が必要になりますが、この契約を行うことでモバイルルーターを利用して外出先などどこでも携帯電話会社の基地局経由でWi-Fiを利用できるのです。

据え置き型は自宅やオフィスなどで利用されているもので、自宅、オフィスに設置しておけば、室内のどこにいてもWi-Fiを利用できるようになるというものです。有線が無線になり、それが自宅でも利用できるようになり、さらに外出先でもモバイルルーターでWi-Fiが利用できる、非常に便利な世の中になりました。


▼関連サイト

モバイルWIFI比較|モバイルWi-Fi最安リサーチ!
モバイルWIFI各社の性能や料金を比較しています。

▼関連する記事

Wi-FiのIEEE802.11とかaとかってなんだ?
いまさら聞けないルータとハブの違い

Wi-FiのIEEE802.11とかaとかってなんだ?

Wi-FiルーターWi-Fiの機器を購入される前に、理解しておきたいことがあります。
それは、無線LANルーター、いわゆるWi-Fiルーターを購入された方なら疑問に思ったことがあると思いますが、無線LANにはIEEE802.11などと英数字がかかれていることがあります。
この後に、aとかアルファベットの小文字が続いています。

無線LANというのは同じ周波数同士で繋がるという鉄則があります。IEEE802.11の後にaという小文字が来れば、周波数は5GHz、bという文字が来れば2.4GHz、gも2.4GHzです。Nという文字が来たら周波数は2.4/5GHzです。同じ周波数同士で繋がるということは、周波数が2.4GHzという数値のbとgは接続できるということです。

このうちnは、2.4も5も持っていますので利用する電波によって切り替えて接続できる、つまり、aともbともgともつながる事が出来高速です。光回線などに関してはnが利用されています。

つまり高速通信できてどの接続も可能な状態のWi-Fiルーターを購入したいという場合、IEEE802.11の後にnの小文字が来る機器を選択すればいいということになります。なんだか難しいのですが、理解できない、覚えたくない、面倒くさいという方は、家電量販店に購入に行けば、高速通信であり接続の範囲が広いn の機器を紹介してくれるでしょう。


▼関連する記事

据え置き型とモバイル
いまさら聞けないルータとハブの違い

Wi-Fiってよくわからない

快適なインターネット公衆無線LANなどWi-Fiを自由に利用できるようになって、ますますインターネット通信が楽に、便利になりましたが、やはりこういうことについて弱いという方も多く、Wi-Fiとか無線LANとか一体何かよくわからないという方もいるでしょう。

無線LANルーター、Wi-Fiは基本的に同じものを指していると考えて差し支えありません。
無線LANルーター、つまり親機が子機、パソコンやタブレットなどのどんな子機でも互換性などなく問題なく接続できると認定しているのがWi-Fiです。これは物の名称ではなく、Wi-Fiという規格名です。
Wi-Fiという規格名が入っているということは、無線LANルーター(Wi-Fiルーターともいう)とパソコン、タブレット、スマホなどの子機と問題なく接続できますよということです。

また無線LANルーターにもさまざまなものがあり、無線LANルーターを購入される際に、この数字とか記号って何?と思ったり、モバイルルーターと据え置きってどっちがいいの?など迷うこともたくさんあります。こういうことに疎いタイプだと、もう・・・機械を1つにしてくれればいいのに・・・・と思いますが、メーカーなどもありますので、同じものでも名称が違ったり、言葉の意味が分からないなど迷うことも多いです。

当サイトではそんな悩み、疑問をお持ちの方に、疑問を払拭してWi-Fiを快適に利用してほしいと考えます。Wi-Fiは利用次第で非常に便利ですし、セキュリティをしっかり考えて使えば、どこでも無料でインターネットできる最高のシステムです。当サイトを利用して、Wi-Fi、無線LAN等のことを少しでも知って頂けたら幸いです。